So-net無料ブログ作成

横浜高校対東海大相模 2015夏 [高校野球]

本日全国高等学校野球選手権神奈川大会の決勝戦が行われました。

大注目の一戦
横浜高校対東海大相模
まさに神奈川県の頂点を決める決戦となりました。

この夏で勇退される渡辺監督を甲子園に連れて行こうと選手たちが一戦一戦泥臭く大事に大事に試合を積み重ねていきました。奇跡のような勝利に感動も頂きました。

決勝戦の相手東海大相模は左の小笠原、右の吉田という超高校級の大エースを2人も要しさらにバッターもスラッガーだけでなく小技のできる選手が揃いも揃っています。横浜高校は前日の延長戦もあり体力的にも部が悪いと前評判はありました。

試合は東海大相模の終始ペースで進んでいきました。エース小笠原の投球も素晴らしかったのですがなんといっても本日のMVPは間違いなくショートの杉崎。すばらしいプレーの連続で間違いなく東海大相模の流れを引き込みました。打ってもダメ押しホームラン。
杉崎選手は平塚学園戦での不用意なタッチプレーでネット批判をされていました。審判からも注意があったそうな。監督からプレーで取り戻すしかないといわれたのかもしれません。今日は本当にいつも以上に素晴らしかった。

試合は最終回には9-0と圧倒的な差で東海大相模がリードしていました。
ただし球場全体はどちらがリードしているのかわからなくさせるほど横浜高校の応援がすごかったと放送を見て感じました。あきらめない姿勢は選手だけでなく応援団やファンからも感じていましたし私もあきらめていませんでした。

結果は9-0で東海大相模が勝利し甲子園に出場を決めました。残念でしたがすがすがしい気持ちは久々です。横浜高校感動をありがとう。渡辺監督、大変お疲れ様でした。

まだまだ強い横浜高校でいてほしいです。頑張れ横浜高校!
(東海大相模、絶対甲子園優勝!)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます